NEWS

またまた始まりました。カリフォルニア出張レポートのBlogシリーズです。「ま~た~か~よ~~」って方もいると思いますので、今回は手短に書きたい、と考えています。(なんだかんだで文字数が増える予感もしないでもないですがw)

 

<DAY 1>
今回の出発は5/3(金)、10連休中なので空港までの道路の混雑など読めない要素が多かったので早目に出ましたが、いつもより空いているくらいで早くつきすぎました。もちろん安定のシンガポール航空です。
行きの飛行機は空席が多く、窓側3人席に自分だけというラッキーな状況だったので、横になって足が伸ばせて最高でした。
映画も1本しか観ないで寝られるだけ寝ました。
LAXに予定より早く到着、いよいよアメリカ入国です。
brine california trip ブライン カリフォルニア サーフ トリップ
ここを通る時はいつもワクワクしますが、この後の入国審査を考えるといつも緊張します・・・
入国審査はまあまあな大行列が出来ていて、かなり時間がかかりましたが、無事に入国できました。関空から到着していた弊社社長と合流し、レンタカーをピックアップし一気にダウンサウスです。この日は金曜日だったので、午後から渋滞するのはわかっていたのですが、入国審査にことのほか時間がかかり、予定より1時間ほどスタートが遅れてしまったので、既に大渋滞が始まっていました・・・

 

大渋滞の中をふらふらになりながら南下し、まずはオーシャンサイドのキャプテンズヘルムへ。ここに置いてある社長のサーフボードをピックアップし、ちょうど作業中だったミッチ・アブシャーにもご挨拶。
ブライン カリフォルニア サーフショップ キャプテンズヘルム brine captains helm mitch abshere brine surf shop

 

サマータイムでまだまだ陽が高いのでギリギリ間に合って軽くサンセットサーフ。飛行機のフライトとロングドライブの疲れを流すのは温泉かサーフィンです!波のサイズは肩くらい、潮が上げていて波が厚めだったのと、ダンパーにならず切れていたのでロングボードでやりましたが、なんということでしょう。いきなり極上でした。。
brine california cardiff by the sea ブライン サーフショップ
夕日を見ながらピクニック?している人達もかなりいい感じでした。

 

この日は軽く食事して、カールスバッドのモーテルにチェックインし、落ちるように眠りました。

 

<DAY 2>
朝食はクリステンソンと待ち合わせして、ルーケディアのPANNIKIN CAFE へ。ここは古い駅舎を移転して作ったというユニークな建物で自家焙煎したコーヒーも美味しく、このあたりでは一番人気のカフェみたいです。クリスおススメのモーニングベーグルサンドとコーヒーをいただきました。CAでは朝食をカフェで食べる文化があるので、朝早くからカフェが営業しているのがサーファーには嬉しいところです。
leucadia pannikin cafe brine california trip ブライン サーフショップ カリフォルニア サーフトリップ

 

朝食後にクリスも軽くサーフィンするというので、もちろん一緒にやることに。しかも今朝はNEWモデルの”THE HUNTSMAN”をテストするというではありませんか!

christenson surfboards brine california ブライン クリステンソン
この日の朝、クリスは古いダッジで登場。

そしてお待ちかねのハンツマンを持って来てくれました。

chris christenson brine huntsman ブライン クリステンソン
とても綺麗な曲線のエッグボード。
クリステンソン サーフボード ハンツマン ブライン brine christenson surfboards
ボトムはフラット~VEE、レールはFISHのようなややダウンレール。

 

波はこんな感じでした。言うまでもなく最高です。
ブライン カリフォルニア トリップ パイプス エンシニータス brine surf shop california
こんなピークがいくつかあるので土曜日でしたが、それなりに人も分散して波に乗れないというほどではありませんでした。ただ週末ということなのか10代の若いロングボーダー(中高生くらい)が多く、しかも上手すぎて焦りました。。インスタグラムで見ているような有名人もチラホラ居て、またしても刺激的な1ラウンドとなりました。

 

幸運にもクリステンソン渾身のNEWモデル”THE HUNTSMAN”に世界で2人目に乗ることができました(もちろん1人目はクリス本人です)。
で、肝心の乗り味はというと・・とにかく動きが軽いのに驚きました。リニューアルしたフラットトラッカーの動きが軽くてその時も驚きましたが、そのフラットトラッカーよりも動きが軽いイメージです。試乗したのは6’10″でしたが、6台前半のシングルフィンショートボードに乗っているような気がしたほどです。テイクオフが以前のモデルよりはやいとは感じなかった(少し薄めだったのでサイズの問題もあるかも)のですが、動きの軽さと走り始めてからの止まらない感じが最高に気持ち良かったです。スープの下も引っかからずにスルスル走ってくれます。
※こちらは既にオーダー受付中です!テイクオフ重視、安定感欲しいという方は2~4インチ長目でよいと思います。軽く動くので長さはきになりませんので。

 

最高の早朝ミーティングを終えたあとは今回の出張のメインの案件、”THE BOARDROOM” というサーフボードのショーに向かいました。行きがけに海沿いのサーショップを何軒かチェック。
ブライン サーフショップ brine california surf shop

 

昼前には会場に着きました。こちらのショーは1日15ドル入場料を払えば誰でも入れるのですが、今年は昨年以上に盛り上がっているように思いました。やはりそれなりの年齢の男性が多いのは多いのですが、男性女性問わず10代と思われる子供たちから白髪のレジェンドたちまで、幅広い客層が見受けられました。サーフカルチャーが深く根付いているのを感じずにはいられません。
the boardroom brine california trip ブライン ボードルーム
ボードルームショーのメインスポンサーのUS BLANKS 遠くからブースを撮影したので今まで気づきませんでしたが、この写真にはこの後関わりをもつ2人の人物が写っていました。この2週間後に日本でボードルームショーが開催された際にここに写っているUS BLANKSのジェフさんとご飯食べに行きましたw。また後ろ向きの方はレジェンドシェイパーのパット・ローソンさん、パットさんとはこの後からみが・・・、詳しくはこの後のBlogにて~

 

ボードルームのひとつの目玉はThe Icons of Foarm shape-off というシェイピングコンテストです。今年のお題はウェイン・リンチ。
boardroom brine california trip ブライン ボードルーム
クリステンソン ライアン バーチ christenson ryan burch san diego california brine surf ブライン
クリスも若いシェイパーにアドバイス?こんな感じで情報交換したりしている雰囲気がとても良い感じでした。RYAN BURCH(右、Encinitas Ca.)、SHYAMA BUTTONSHAW(左、Bells Beach Aus.)共に20代のシェイパーですが、クリスも良いシェイパーだと褒めていました。ちなみに今年の優勝はライアン・バーチでした。

ボードルーム ブライン カリフォルニア トリップ brine boardroom
ビンテージのオークション。今年も素晴らしいサーフボードが出品されていました。

boardroom brine vintage surf ブライン サーフショップ
外ではサーフボードのフリーマーケット。お宝はやはり高いのですが、結構売れているようでした。こちらはクリスが敬愛するマイク・ディッフェンダッファーの70年代のボードでしょうか。他の人のデザインを参考にすることはあまりないクリスですが、ディッフェンダッファーのデザインには大きく影響を受けているようです。このテールは前のフラットトラッカーやクリスクラフトに繋がるイメージですね。

christenson brine california ブライン サーフショップ
ちなみにクリスさん、ボードルームショーにはこちらの車で参上。

 

夕方はサンディエゴ方面へ南下。またサーフショップを何軒かチェック。
アタカマ ブライン サーフショップ atacama brine sandiego
サンディエゴの街中は電動自転車と電動キックボードのレンタルが至るところに。アプリで借りて乗り捨てできるということですが、本当にたくさんありました。しかもスピードがかなり速いので気持ち良さそうでした。
ブライン カリフォルニア サーフショップ サーフトリップ
日本もオリンピックに向けて増えてきそうですが、道交法とか雨とか置く場所とかいろいろありそうですね・・・どうせやるなら乗って面白く、デザインの良いモノをお願いしたいところです。

 

その後ルーケディアまで戻り、SURFY SURFYの跡地にBingが移転したということでやっていたお披露目パーティを少し覗きに。
bing surfy surfy brine ブライン サーフショップ

 

夕食は再びクリスと合流してクリスおススメのアメリカンなバーに。ここは元々サーフボード工場だった建物だったということで、「この辺にラミネートの台があったよ」と説明してもらいました。
ブライン カリフォルニア サーフ トリップ 
建物の中はバーのみで食べ物は無いので、食事は駐車場に停まっているキッチンカーへ買いに行きます。アメリカは外でアルコール飲んではいけないので、買いに行くときはビールを店内に置いていくのがルールとのことでした。肉厚のフィッシュバーガーが美味でした。
ブライン サーフ 

101 PCH BRINE カリフォルニア サーフ

 

帰り際にカーディフのスーパー”シーサイドマーケット”へ。
シーサイドマーケット カーディフ ブライン サーフ brine

brine surf trip shop ブライン サーフ
流石サーフタウンだけあって店内にビンテージサーフボードがディスプレイされていたりします。

ブライン サーフ トリップ ショップ brine surf
ジュースのコーナーがこんなにも楽しげです。こんなところも最高です。

 

その後モーテルに帰って撃沈・・と行きたいところですが、10時~11時に帰ってからがちょうど日本のビジネスタイムなので、メールのやり取り、SNSの更新などそこから深夜までやるというのがきつい時間帯ですw
そんな感じで盛りだくさんのDAY 2終了でした。

 

やはり文字数も盛りだくさんになってしましました。お付き合いありがとうございました。これに懲りていない方は次回もお楽しみに~


ARCHIVE
CATEGORY
NEWS (253)
TAG
SURFBOARD (82) | CHRIS CHRISTENSON (82) | USED (44) | california (40) | longboard (38) | surf trip (35) | SINGLE FIN (32) | catch surf (29) | surf culture (26) | snowsurf (25) | snowboard (23) | gentemstick (21) | captain fin (19) | sale (19) | surf movie (16) | special price (16) | DVD (14) | FISH (13) | MID LENGTH (13) | Tatsuo Takei (12) |