NEWS

クリステンソン ハンツマン ミッドレングス サーフボード christenson huntsman brine surfshop ブライン
クリステンソンのNEWモデル、HUNTSMAN(ハンツマン)の試乗レポートです!

 

今年の5月にカリフォルニアに出張に行った際にクリステンソンがシェイプした1本目のテストボードを試乗させてもらい、その後ボードルームショーでのクリス来日の際に話題になっていたあのハンツマンがようやく入荷してきました。

5月に乗った最初の感触では「凄いターンが軽い!でもフラットトラッカー、C BUCKETに比べて少しテイクオフは遅い?」という感想でした。今回(たぶん微調整をして)製品になったものを改めて試乗してみると、こんなところから滑り始める~?ってくらいのテイクオフのはやさ&すごいターンが軽い!なんじゃこりゃ~っていう感じでしたw
クリステンソンのサーフボードを数多く所有しているお客様がインスタグラムで
take off ◎◎◎◎◎
speed    ◎◎◎◎◎
maneuver ◎◎◎◎◎

と紹介していましたが、まさにそんな感じです。総合的にかなり素晴らしいです。出来るならマニューバーのところを更に加点したいくらいですw

 

クリステンソン ハンツマン ブライン サーフショップ 東京 brine christenson huntsman
CHRISTENSON SURFBOARDS HUNTSMAN 6’10” × 21 × 2 3/4

 

ハンツマン クリステンソン サーフボード ブライン サーフショップ 東京 brine christenson huntsman singlefin
アウトラインは普通のエッグって感じですが、やはり今までにあったその他のサーフボードのどれとも違う雰囲気。
ボトムはノーズからテールまで様々に角度を変えたVEEボトム。フィンボックス付近のVEEはかなり強め。VEEの中に薄っすらコンケーブも掘ってあります。
最初のテストボードはもう少しフラットなボトムだったような気がしたのですが、製品ではかなりのVEEボトムになっていました。
ロッカーとこのVEEボトムのおかげで水切れ(水離れ)が良い感じで、スルスル滑り出す&ターンが軽いということでしょうか。
となるとフラットトラッカーと近いように思うのですが、実際の乗り心地は全く違うイメージです。フラットトラッカーがヌルヌル滑らかに動くのに対して、ハンツマンはシャキシャキ動くイメージです。
ちょっと長目を良く動くミッドレングスとして乗るのも間違いなく良さそうですが、自分としてはシングルフィンショートボードのイメージも感じたので、6’3″とかにしてショートボードにしてしまうのを想像すると・・・たまりません。サイズに関してはクリスにも相談したのですが、6’10″~8’0″くらいのミッドレングスが中心にはなるものの、ショートボードサイズでも、逆に9’0″くらいにしてハイパフォーマンスロングボード的な使い方もアリだよ~とのことでした。
BRINEでは6’4″ , 6’10” , 7’6″ , 8’0″ の在庫があります。チェックしに来てください。

 

ハンツマン クリステンソン サーフボード christenson surfboards brine surfshop ブライン
デッキ側はフラットに見えますが、ボトム側では綺麗にロッカーが入っています。

 

フィンは6’10″のボードに対して、captain fin CC TRACKER fin 8.0 と captain fin ALEX KNOST CLASSIC 8.5 をテストしました。cc tracker8.0をボックス中央にセットしたのが想像通りにちょうど良かったです。今日は風の入った小波で小刻みなターンが必要だったので、ALEXの8.5を少し前目にセットしてみたらそれもバッチリでした。

 

もともとクリステンソンには C BUCKETとFLAT TRACKERというミッドレングス2大モデルがあるので、どちらにしようかと多くの人を悩ませてしまっていましたが(詳しくは以前のBlogにて)、更にHUNTSMANが加わってしまいましたw 実は乗り味がそれぞれかなり違うので、簡単におススメの選び方を書いてみます。

<HUNTSMAN>
ハイパフォーマンスなシングルフィン。シャキシャキ軽いターンを楽しめる。
<FLAT TRACKER>
小波も含めたオールラウンドに使うには最高な1本。ヌルヌルと小波でもターンが楽。普段ショートボードで波が無い日にミッドレングスを使いたい方に。
<C BUCKET>
ダウンザラインが気持ちいい、直進性が良く大きなターンを楽しみたい方に。普段ロングボードでサイズが上がった時に使いたい方に特におススメ。
簡単に書いてみましたが、やはりそう簡単には説明しきれませんw 詳しくはじっくり相談してみてください。
3モデルともかなりつくりも乗り味も違うボードだと書きましたが、要するにみんな違うので乗り方も変わってきます。自分の乗り方に合う、合わない、という観点からサーフボードを選ぶというよりも、それぞれのサーフボードに合った乗り方で乗ってみて、そこで好きか嫌いかを判断するのをおススメします。もちろん全てのサーフボードに乗ってみるということは出来ないので、じっくり選んで、選んだボードに合わせたサーフィンをするというのが最高に楽しむための秘訣かと思います。
サーフボード選びの際はそれぞれの特徴を押さえた乗り方のポイントも含めてお話しさせてもらっていますので、ぜひ話を聞きに来てくださいね~。(遠方の方はお電話でも!)


 
ARCHIVE
CATEGORY
NEWS (253)
TAG
SURFBOARD (82) | CHRIS CHRISTENSON (82) | USED (44) | california (40) | longboard (38) | surf trip (35) | SINGLE FIN (32) | catch surf (29) | surf culture (26) | snowsurf (25) | snowboard (23) | gentemstick (21) | captain fin (19) | sale (19) | surf movie (16) | special price (16) | DVD (14) | FISH (13) | MID LENGTH (13) | Tatsuo Takei (12) |