NEWS

BEACHED DAYSからウェットシャンプーが発売になりました。ウェットシャンプーと書きましたが、ウェットスーツを洗うだけではもったいないクオリティの洗濯用せっけんです!早速使ってみたので、使用感も含めてレポートしてみます。

 

こちらの洗剤、正確には洗濯用石けんと呼べるレベルのもので、主成分が植物由来の石けん成分です。漂白剤、蛍光増白剤などの添加物は使用していないため生分解性にも優れ、環境にも、肌にも優しい石けんです。
ナチュラル系の洗剤は洗浄力の低さや石鹸カス残りが気になる・・というのもありますが、こちらは洗浄力が素晴らしく、液体で水に溶けやすいのですすぎ残りもしにくい優れものです。

というのもこちらの洗濯石けんは今話題の”洗濯ブラザーズ”さん監修で作ってもらったということです。洗濯ブラザーズさんはシルクドソレイユや世界中のミュージシャンのステージ衣装の洗濯を担当しているクリーニング屋さんです。洗濯が難しい素材なのに汗や化粧などでかなりハードに汚れるステージ衣装を基本的にドライクリーニングではなく石けんで洗っているのは使う洗剤(石けん)と洗い方にポイントがあるようです。いろいろなアイテムの洗濯の仕方は彼らがYouTubeなどで紹介しているので、気になる方は見てみてください。かなり間違った認識で洗濯をしていたことにショックを受けます・・・

https://www.youtube.com/channel/UCKMxFLgODt0Rsjln4vEZHrA

 

用途に応じていろいろな洗濯用石けんを開発している洗濯ブラザーズさんにウェットスーツを綺麗にするための特別なレシピを考えてもらってできたのが、こちらの BEACHED  DAYS Natural Detergent for Wetsuits&Clothing です。

 

beached days brine ウェットシャンプー 洗濯用石けん ブライン

BEACHED  DAYS Natural Detergent for Wetsuits&Clothing      600ml        2700yen(+tax) 

 

季節は変わり、(湘南界隈では)冬用のウェットスーツの時期が終わってしまったので、半年ほど保管する前にこの洗剤を使ってウェットスーツを洗ってみました。いつもはかなり適当に洗うのですが、せっかくなので推奨されている洗い方でやってみました。ついでに正しいメンテナンスの仕方も書いておきます。

1.初めに水に適量の洗剤を入れてよく混ぜる。ウェットスーツは手洗いなので、5Lの水に対して5mlがよい濃度のようです。多すぎても良いわけではなく、適量の時が一番効率良く洗えるのと、すすぎもしやすいということなので基本の比率を目安にしてみてください。パッケージの裏に目安は書いてあります。

 

2.その中にウェットスーツを入れもみ洗い。ウェットスーツに使われているネオプレーン素材はスポンジ状になっているので、素材の中にしみ込んだ海水の塩分をしっかり取り除くのがポイントです。シャワーなどでさっと洗ってもしみ込んだ塩分は完全には取り除けないのでしっかり水に沈めてもみ洗いしてください。そのまま10~20分つけ置き。汚れがひどい時、臭いが気になる時、久しぶりに洗剤で洗うときなどは一晩くらいつけ置きすると良いです。

 

3.水ですすいで陰干し。ウェットスーツの素材は紫外線で痛みます。使うときはしょうがないですが、干すのはなるべく風通しのよいところで陰干しで。

 

4.ここまでは脱いだ時のまま裏返しでOKですが、長期保存するときは必ず表に戻すのを忘れないようにしてください。
肩の広いハンガーで保管も窓際などではなく日が当たらないところで。

 

とやってみたところ・・・。
真冬用の裏起毛のフルスーツでしたが、起毛がふわっとしたような仕上がりになりました。あとは香りが良いです!香料は合成香料などではなく、ナチュラルな精油(ベルガモット?)を使っているのでとても良い香りです。アメリカの柔軟剤の臭いとか合成香料の臭いは強い臭いで臭いを誤魔化すみたいなものですし、何より水を汚し、環境負荷も高く、肌にも悪いし、皮膚から吸収されたら・・・どうなっちゃうんでしょう???
洗濯で流れた水が海に辿り着いて、そこでサーフィンするというのを想像してみてください。サーフィンを愛しているはずのサーフィン業界の方が環境負荷の高いウェットシャンプーを発売しているのが信じられません。滅茶苦茶安いコストで洗剤作って、なるべく儲けるみたいなことは海で遊ばせてもらっている人の考える事ではないはずです。今すぐ洗剤見直しましょう~!!

 

ここの洗剤は正しく洗えば繊維が長持ちするということから成分に妥協をしないところが共感できるのですが、まさにそれを実感する仕上がりでした。通常の洗濯もこれでやってみたのですが、やはり良い感じの仕上がりでした。

スタッフのヨシヤマが水着を洗う洗剤にいつも不満を抱えていたということですが、こちらの洗剤が水着を洗うのにはベストだと言っていました。SEEAの水着は素材が変わっているものも多いのですが、サーフワックスのワックスが繊維に入ってしまったりするのできちんと洗いたいけど色落ちとか繊維へのダメージも困るという難しさがあるようなのですが、これで洗うとワックスも落ちる、繊維も柔らかくなる、色落ちしにくい、砂の抜けもよい、手荒れもしにくい、と水着用としてもベストの洗剤ではないかということでした。女性のみなさん今年の夏はこの洗剤でお気に入りの水着を洗ってみてください!
ニット、古着、デリケートな衣類まで何でもいけるようなので、これからいろいろ試していきたいと思います。

 

ということで
1.ナチュラルな成分で生分解性に優れるので環境への負荷が低いということ、
2.しっかり洗えるのでウェットスーツの素材、繊維が長持ちすること、
の両面からエコなアイテムであると言えるのがうれしいですね~

 

このブログを読んでくれている方は知っているかもしれませんが、実は自分はかなり洗剤にはうるさいほうでして。。家で使っているのもナチュラルでしかも洗浄力が凄いものをいくつも試して、かなり良いモノしか使っていません。それ故、この洗剤に特別にびっくりするということはなかったですが、それらに比べても全く遜色のないものであることを感じました。その他の洗剤よりも香りがとても良いのと、600mlで2700円という価格も高すぎないので自信を持っておススメしたいです!

 

さてさてみなさん、生活の全てをナチュラルに、オーガニックにするというのはなかなかお金もかかる事ですし、ハードルも高いと思います。できることから気楽にやっていけばやらないよりましってくらいなもんで・・何よりも気持ちが良いです!選択肢がある物は購入する前に、価格だけでなくそれを使うことを少し想像してみてから購入してみてはいかがでしょう。みなさんが良い選択をする→良い商品がより売れる→メーカーはそういうものつくりをしなくてはいけなくなる→良い商品が多くなる→人にも地球にも良い。というサイクルが出来るはずです!

ということで良い洗濯洗剤を選択しましょう~という話でしたw

 

BRINEオンラインでも購入可能です。購入はこちらから↓↓↓
https://brine.shop-pro.jp/?pid=151183905


 
ARCHIVE
CATEGORY
NEWS (376)
TAG
SURFBOARD (116) | CHRIS CHRISTENSON (113) | USED (69) | longboard (48) | california (48) | snowsurf (46) | SINGLE FIN (46) | snowboard (45) | surf trip (42) | gentemstick (34) | surf culture (32) | catch surf (30) | sale (28) | infomation (27) | MID LENGTH (27) | surf movie (23) | special price (22) | captain fin (21) | DVD (19) | FISH (18) |